個人情報保護方針

■株式会社 輝玄会(以下「当団体」)は、以下の方針により、受講生登録に関して収集する個人情報を取り扱いいたします。

1(適正な取得)
個人情報はその利用目的をできる限り特定し、原則として本人の同意を得たうえで、適法かつ公正な方法で取得します。

2(目的外利用の禁止)
個人情報は、予め特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用をしないこととし、そのために必要な措置を講じます。

3(安全性の確保)
個人情報の管理にあたっては、漏えい、滅失または毀損の防止などの安全管理のために、適切な予防および是正措置を講じるように努めます。

4(透明性の確保)
個人情報の取得・利用・提供の各場面において、その情報を提供した本人が適切に関与し得るように努めます。

5(問い合わせ対応)
個人情報に関する苦情及び相談を受けた場合は、誠実かつ迅速な対応を行います。

6(法令遵守)
個人情報保護に関する法令などを遵守し、また個人情報保護に関する規程を定め、確実に運用されるように継続的な見直しを行います。

■個人情報の取り扱いについて
受講生は、下記の内容について同意の上、個人情報を提供してください。

1(利用目的)
当団体は、以下に定める目的の範囲内で個人情報を取得し、適切に利用します。
・当団体による講義の提供
・当団体からの講義・イベント等のご案内、各種ご連絡・確認
・当団体におけるサービスの向上を目的としたご意見・ご要望等の聴取
・お問い合わせ・ご相談・苦情への対応、紛争の解決

2(提供)
当団体は、個人情報を本人の同意なしに第三者に提供しません。
ただし、以下の場合は、個人情報を本人の同意なく提供することがあります。
・法令に基づく場合
・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
・公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
・国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

3(外部委託)
当団体は、情報処理などの業務の全部または一部を外部に委託する際に、当該委託先に個人情報を開示する場合があります。当該委託先に個人情報の開示を行う場合には、十分な個人情報保護水準を確保していることを条件として委託先を選定し、機密保持契約を結んだ上で開示します。

4(個人情報の真実保証)
個人情報提供者は、当団体に提供した個人情報が真実であることを保証するものとします。
提供された個人情報が虚偽であることが判明した場合、当団体のサービスの提供を停止いたします。
虚偽の個人情報を提供したことにより、当団体、講師等に損害が発生した場合には、本人がすべての責任を負うものとします。

5(情報の開示等)
個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、削除、利用または第三者への提供の停止の依頼を受けた場合は、すみやかに対応します。

6(適正管理)
当団体は、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報を正確かつ最新の状態で管理するよう努めるとともに、個人情報への不当なアクセスまたは個人情報の紛失、破壊、改竄、漏洩などの危険に対して、技術面および組織面において必要な安全対策を継続的に講じるよう努めます。

7(問い合わせ先)
個人情報管理に関する問い合わせや、利用目的の通知、開示、訂正、削除、利用または第三者への提供の停止等の依頼は、鈴木宛にご連絡ください。

8(管理者)
当団体は、個人情報保護管理責任者を個人情報の管理者とし、適切な個人情報の保護に努めます。

9(本規約の変更)
当団体は、必要に応じて本規約の内容を変更することができるものとします。変更後の内容は当団体のウェブページに掲載するものとし、掲載後1カ月経過した時点で当団体を継続して利用している者は、変更後の本規約の内容に同意したものとみなします。

2019年10月 株式会社 輝玄会